形成外科医の考える美容医療(美容外科 美容整形 美容皮膚科)|東京(表参道)、大阪(梅田)、神奈川(横須賀)、静岡(沼津)、秋田、和歌山

10:00~19:00  年始年末を除き年中無休

2019年

和歌山県和歌山市/静岡県沼津市提携院にて(保険診療)眼瞼下垂・陥没乳頭外来開始

沼津市・和歌山市の提携院(保険診療機関)で形成外科診療(保険診療)を担当しています
眼瞼下垂症や睫毛内反症などの眼形成外科、陥没乳頭や皮膚腫瘍(ほくろや粉瘤など)、わきが・多汗症などの一般形成外科などお困りのことはなんでもご相談ください。美容外科的な視点で手術術式を吟味していますので、綺麗にこだわる方はどうぞ。

眼瞼下垂症

は先天性のほか、加齢やコンタクトレンズの長期装用によって症状が出現し、眉毛挙上(おでこのシワ)や上眼瞼陥凹、眠たい印象の幅広二重、肩こり、頭痛などの症状が挙げられます。軽度の方でも上記の症状が出現し日常生活に困ることもありますが、保険適応となる基準があって、おおよその目安ですが、瞳孔の上縁くらいまで瞼の縁がかぶさってくると手術適応(MRD−1が2mm以下)となります。

陥没乳頭

も授乳機能の温存が必要な年齢など保険適応となる基準はありますが、軽度から中等度であれば、傷(1〜2mm)の傷(2〜4カ所)からのアプローチにて手術が可能です。
形成外科外来(保険診療)をご希望の方は沼津血管外科形成クリニック
形成外科外来(保険診療)をご希望の方は和歌山けいせい静脈瘤クリニック

大阪梅田で医療アートメイク講習会

医療アートメイクに特化した講習会を大阪梅田で。

医療アートメイクとはセミパーマメントタトゥーと呼ばれ、永久に残る色素を使用せずにアートメイク専用の植物性色素を用いて、皮膚の極々浅い部位に注入することで、(効果は個人差がありますが)おおよそ1年半~2年程度だけ持続するタトゥーです。もちろん永続性はありませんが、眉毛は流行もあるため、ちょうど良い効果の持続で人気です。現在では医療機関で専門の医療従事者が行うことが義務付けられています。使用する色素はCEマーク(EU(欧州連合)加盟国すべての国の基準に適合する製品に付与されるマーク)及び、米国の食品医薬局(FDA,日本の厚生労働省にあたる)で承認を受けた色素を用いております。

お知らせ

令和元年11月11日〜13日に医療アートメイクの講習会を大阪梅田にて開催いたします。看護師資格の方限定で受講生を募集しておりますので、医療アートメイク習得に興味のある方はお問い合わせください。募集人数は4〜8名程度。講習会では眉毛EMBO技法とグラデーション技術(4D眉毛)の習得を3日の集中研修で可能にした講習会です。  

ご挨拶

この度、私、白川裕二は、2019年10月1日に始動する独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO) 大阪みなと中央病院・美容医療センター(美容外科、美容皮膚科)の美容医療担当医師の1人として診療に携わることになりました。大阪での診察(初診)は大阪みなと中央病院美容医療センター(予約専用ダイヤル06ー6313ー1821)のみとなりますのでどうぞよろしくお願いいたします。大阪みなと中央病院ではミラドライやピコレーザーなどの薬事承認取得の医療機器を使った治療からヒアルロン酸やボトックスを使った治療、目元・乳房・フェイスライン・骨切り他、あらゆる部位における美容外科手術まで、多岐にわたって安心の美容医療を目指していきますのでどうぞよろしくお願いいたします。尚、大阪梅田のクリニックは特化型専門クリニックへ変身準備中でございます。これまでご愛顧いただきました患者様には長年にわたるご厚情に心より感謝申し上げます。また、突然の診療体制変更でご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。 何卒ご理解ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

天皇、皇后両陛下を秋田市沿道でお見送り

自分にターニングポイントが訪れ、信じる道へと進んでいる時にこのようなご縁に恵まれることが多く、勇気をもらえます。前回は4年前の和歌山。今回、全国豊かな海づくり大会で秋田へご来訪されました。   IMG_5149

【独立行政法人 地域医療機能推進機構】大阪みなと中央病院美容医療センター

令和元年10月1日、大阪みなと中央病院美容医療センターhttps://www.biyougeka.co.jp/が始動します。美容医療センター長には大阪大学形成外科教室前教授で、名誉教授の細川先生(大阪みなと中央病院長)が就任され、安心安全の美容医療(美容外科・美容整形・美容皮膚科)にするための様々な工夫を織り込んでおられます。市中の美容クリニックへの受診をためらわれていた方々も安心して受診していただけるセンターになると思います。
12