乳輪の縮小ならコーラルビューティークリニック|東京(表参道)、大阪(梅田)、神奈川(横須賀)、静岡(沼津)、秋田、和歌山

10:00~19:00  年始年末を除き年中無休

乳輪の縮小 ~バストの悩み~

乳輪の縮小

大きすぎる乳輪は、バストの下垂と相乗して、印象が極端に悪くなる原因となり、バランスのくずれた胸になってしまいます。小さくしたいと悩んでいる方は意外といらっしゃいます。コーラルビューティーでは乳輪の中に傷を隠すので、傷跡が目立つ心配がありません。乳輪縮小術の成功へのポイントは『必要以上に皮膚を取り過ぎず、美しい黄金比を創造することです。』一度ご相談くださいませ。

乳輪縮小術

乳輪周囲の余分な乳輪部分をドーナッツ状に切除し、特殊縫合により傷が幅広にならないように丁寧に縫っていきます。約40分で終了します。

よくある質問

乳輪が大きいのですが、どのように小さくするのですか?痛みや腫れはありますか?

入輪縮小術はただ小さくするだけでなく、乳頭と胸全体のバランスが大切です。 手術は、傷跡が目立ちにくい乳頭の付け根周囲から、5mm~10mmの余分な皮膚をドーナッツ状に切除をします。 その後頭の付け根で巾着のように縫合することで、外側の乳輪が縮小します。しかし、バスト全体が大きい方は、外側にひっぱる力が大きいので、内周法では傷跡がなおりにくく、乳輪外側(外周法)を行うことがあります。
手術中は、局部麻酔を行いますので痛みはありません。どうしても痛みに弱い方は全身麻酔も行います。 術後の痛みや腫れは個人差がありますが、当日から抜糸まではシャワーでご対応頂くのと、激しいスポーツは数日間お控え頂くくらいで家事など日常生活へは問題がなくお受け頂けます。

乳輪が大きいのか分かりません。平均はどれくらいですか?

日本人の乳輪の平均サイズは直径3.5mmといわれており直径5.0mmを超えると大きい印象になってきます。乳輪縮小術により小さくすることが可能です。 また出産と加齢により乳輪、乳頭の皺、乳頭の大きさ、黒ずみについて、乳輪縮小術では同時に皺も改善いたしますが、乳頭の大きさは、同時に乳頭縮小術を行う事で改善されます。
手術後、外用薬で黒ずみを改善し、美しいバストトップを実現します。

アフターケアと注意事項

もしも術後にどうしても気になることがございましたら、遠慮なくコーラルビューティークリニックまでご相談下さい。コーラルビューティークリニックでは10万件以上の豊富な施術実績から、施術を受けられた方々の立場になり、万全で安心のアフターケアをアドバイスいたします。

略歴・プロフィール

総院長 白川裕二

昨今の美容医療はめざましい進歩をとげております。
私も含め当院の医師・スタッフは、ターミナルステーションクリニック(すべての治療法を追求しゲストの目的に合せて最適最高の施術を提供できる美容医療)のコンセプトを全うするために日進月歩、努力を惜しまず精進しており、チーム医療を前提に皆様の 様々なお悩みに真正面から向き合っています。
ゲストが納得するまでお話させていただいておりますので、一度ご相談くださいませ。

院長の詳しいプロフィールはこちら

平成11年3月 和歌山県立医科大学 卒業
平成11年4月 大阪大学医学部付属病院麻酔科 勤務
平成12年4月 大阪警察病院形成外科 勤務
その後市立泉佐野病院形成外科、大阪労災病院皮膚科形成外科勤務
平成16年11月 コーラルビューティークリニック開設

*施術の効果には個人差がございます。