陥没乳頭の修正ならコーラルビューティークリニック|東京(表参道)、大阪(梅田)、神奈川(横須賀)、静岡(沼津)、秋田、和歌山

10:00~19:00  年始年末を除き年中無休

陥没乳頭の修正 ~バストの悩み~

陥没乳頭の修正

乳首が中に埋まってしまっている状態を陥没乳頭といいます。乳腺炎や授乳障害を起こしたりする原因となります。コーラルビューティーでは勃起時に出現する軽度のタイプから全く出てこない重度のものまで対応が可能です。また、軽度のものであれば傷が2mm程度の針穴で改善できる切らない方法もございますので、一度ご相談くださいませ。

切らない陥没乳頭修正術

二重埋没法でも使用する髪の毛よりも細い糸を用いて、陥没した乳頭を持ち上げるように固定します。メスを使わないので傷も残りませんし、授乳も正常機能を保ちます。2mm程度の針穴から糸を通し、ループ状に数ヶ所固定するだけの簡単施術なので、約20分で終了します。必要に応じて陥没乳頭専用の治療用ピアスや少量のヒアルロン酸注射を用いて結果を安定させます。重症度を診断した後に適応であれば、この施術で十分です。

よくある質問

陥没乳頭の手術後はどのようになりますか?鈍くなったり、再発することもありますか?

手術後は、1週間は乳頭が乳腺側に引き込まれない様にプロテクターを固定し、その上からガーゼを覆い、患部を保護するために肌色のテープを使用します。 乳頭は圧迫をしないように大き目のカップのブラジャーの使用をおすすめします。
入浴は抜糸後の傷跡の状態によりお話させて頂きます。日常生活は当日より行えますので家事などに心配はありません。 陥没乳頭術は、陥没の程度によって適切な手術を行えば再発することはありません。
手術をせずに、補強器具のみで押し出している場合には限界があり、もとにもどることがあります。 手術は傷跡が残らないように行うことと、乳管を傷つけないように行いますので、ご安心ください。

陥没乳頭の手術は早めに行なうほうがいいですか?

陥没した乳頭(乳首)は、見た目の問題以外にも、将来授乳のときに不自由をすることや乳頭炎、乳腺炎になりやすかったりしますので、早期治療をお勧めします。
確実性が高い手術で、かつ傷痕が目立ちません。

陥没乳頭の手術はどのような方法ですか?

重度により2つの方法があります。軽度から重度の方へは、ティモリアン法を行い重度の方はサカイ法を適用します。

ティモリアン法は乳輪基部より、葉状に皮弁を作成し、皮弁の表皮を切除します。それぞれの皮弁を乳頭直下に作成したトンネルの下を通して交差させ、再陥没を予防します。傷あとは乳輪内におさまり目立ちにくい方法です。
サカイ法とは、乳頭を中央で切開し内部の繊維組織を処理します。切開部の両側から葉状の皮弁を作成し表皮を切除します。両側から皮弁を交差させしっかりと固定します。
どちらも乳管を温存しながら伸ばすために乳頭組織内に橋渡し組織を作ることと、乳頭が沈まないような皮下縫合を行います。 局所麻酔ですが、痛みに弱い方へは全身麻酔も行っております。
術後は痛みをおさえるために内服薬の処方と、7日後に抜糸にお越し頂きます。その後は傷跡が残らないように経過診察にお越し頂きます。

アフターケアと注意事項

もしも術後にどうしても気になることがございましたら、遠慮なくコーラルビューティークリニックまでご相談下さい。コーラルビューティークリニックでは10万件以上の豊富な施術実績から、施術を受けられた方々の立場になり、万全で安心のアフターケアをアドバイスいたします。

略歴・プロフィール

総院長 白川裕二

昨今の美容医療はめざましい進歩をとげております。
私も含め当院の医師・スタッフは、ターミナルステーションクリニック(すべての治療法を追求しゲストの目的に合せて最適最高の施術を提供できる美容医療)のコンセプトを全うするために日進月歩、努力を惜しまず精進しており、チーム医療を前提に皆様の 様々なお悩みに真正面から向き合っています。
ゲストが納得するまでお話させていただいておりますので、一度ご相談くださいませ。

院長の詳しいプロフィールはこちら

平成11年3月 和歌山県立医科大学 卒業
平成11年4月 大阪大学医学部付属病院麻酔科 勤務
平成12年4月 大阪警察病院形成外科 勤務
その後市立泉佐野病院形成外科、大阪労災病院皮膚科形成外科勤務
平成16年11月 コーラルビューティークリニック開設

*施術の効果には個人差がございます。